梅妻つる子のお手盛りで

アラサーOLが好きなことを好きなだけ書くブログ

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 行ってきました!

こんにちは、つる子です。

 

先日、東京・上野の国立西洋美術館で開催されている

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

にいってきました。

 

ちょっとした感想を含めて、備忘のためにブログに載せます!

 

 

 

 

基本情報

 

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

 

f:id:otemori:20180521213728j:plain

 

f:id:otemori:20180521213740j:plain

 

開催日 2018年2月24日~5月27日

場所 東京・上野公園 国立西洋美術館

開館時間 御膳9時30分~午後5時30分

※金曜日・土曜日は午後8時まで

※入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日

※ただし、3月26日と4月30日は開館

 

 

プラド美術館って?

 

プラド美術館は、スペイン・マドリードにあります。

スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された世界屈指の美の殿堂です。

今回は西洋美術史上最大の画家の一人であるディエゴ・ベラスケス(1599-1660)の作品7展を軸に、61点がやってきます。

 

 

なにが事件なの?

 

宣伝の紙に「これは事件です!」と言われていますが、一体何が事件なのでしょうか?

それは、ベラスケスの作品が一挙7点もやってくるからです。

画家の中の画家、とよばれ、美の巨人たちでも何度でも取り上げられているベラスケスですが、プラド美術館以外で生で見られる機会はめったにないぞ・・・ということみたいですね。

 

 

実際に行ってきた

 

上野に到着です。

 

国立西洋美術館前には、大々的に看板が設置されていました。

 

f:id:otemori:20180521214743j:plain

 

考える人が乗っている地獄の門(レプリカ)が外でお目見えしています。

 

f:id:otemori:20180521214737j:plain

 

私が行ったのは5月でしたが(ギリギリですね(^^;))それでもたくさんの方がいらしゃっていました。

(リピーターの方もいるのかな??)

 

チケットの半券です。

 

f:id:otemori:20180521214313j:plain

 

入り口で紹介ビデオを鑑賞後、イヤホンガイドを借りて鑑賞スタートです。

 

f:id:otemori:20180521214321j:plain

 

f:id:otemori:20180521214243j:plain

 

f:id:otemori:20180521214222j:plain

 

f:id:otemori:20180521214232j:plain

 

やっぱり生の迫力はすごいですね。

テレビ越しではわからないサイズ感や、細かい部分までじっくりと堪能できます。

ベラスケスはもちろんですが、ほかの作品も素晴らしかったです。

額縁も絵に合わせて素晴らしかったです。

あまり見たことが無いようなテーマや作風のものもあったりしました。

(絵の中に文字を書いてあるものなど)

 

作品から作者の思いなどが、強く伝わってきました。

 

 

おみやげ

じっくり作品を堪能した後は、おみやげ探しです。

ちょうどいいものが有りましたのでやってみました。

ピンバッジ(ガチャポン) 300円

 

ワクワクしながら回してみると・・・

こ、これは!!!「ラス・メニーナス」のマルガリータ女王だ!

 

f:id:otemori:20180521214254j:plain

 

アップにしてみました。

 

f:id:otemori:20180521214305j:plain

 

ベラスケス作品ですが、今回来日したものじゃない(;□;)

まぁ美の巨人たちでもやってたやつだし、まぁ良いか!

 

 

貴重で上質なアートに触れ、いい時間を過ごす事が出来ました。

これから行かれる方は(あと一週間しかありませんが)絵画の保護のため、かなり空調がきいていて寒かったので羽織るものがあると良いかも知れません。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

よろしければ読者登録お願い致します。