梅妻つる子のお手盛りで

アラサーOLが好きなことを好きなだけ書くブログ

【 ペナン旅行記】その⑫ コーンウォリス要塞&時計塔見学(11月)

こんにちは、つる子です。

 

ペナン旅行記、いきまーす!

 

 

 

 

目指せ!コーンウォリス要塞へ

 

お昼ご飯を食べた後、少し休憩して夜のツアーまであと2時間くらいあったので、昨日行けなかったコーンウォリス要塞と時計塔を見に行くことにしました!

昨日フラフラたくさん歩いたので、道は完璧に覚えました。小さい島ですしね。

 

ブルーマンション(こちらも中国からきたお金持ちのおうち ここはガイドツアーじゃなきゃ入場できないので断念…だって英語のツアーしかないんだもん;;)

の横を通り、Hondaの歩道橋がみえてきました。

信号がない道路を渡るのにも慣れてきました。慣れってすごいな&怖いな…(笑)

ホテルEO(イースタン・オリエンタルホテル)前を通ります。

アフタヌーンティが有名なホテルです。次来るときはアフタヌーンティしたいな~

 

 

海沿いをお散歩

 

海沿いの地域は、昨日行った中華系、マレー系の雰囲気とは打って変わって一気に西洋の街並みです。

欧米人3人組が歩いていたのでついてってみました(笑)

どっか観光ポイントがあるのかな??

と思いきや、トリックアート美術館に行きたかったみたいです…(笑)

 

私たちはパスして、突き当り(海が見えてるんだぜ!)までむかうと

地元民が釣りしながらお昼寝したり、ランチ食べたり

のんびりな雰囲気でした。

すぐ先にマレー半島がみえたりして、島国の日本とはまた違った不思議な感覚を味わいました。

 

f:id:otemori:20180627201442j:plain

 

マップでみると点々のみちを進んでいきます。

(旅行に行くときは、必ずオフラインで見られるマップをダウンロードしていきます。かなり便利なんですよ)

 

地元民しかいない屋台(ちょっとだけお店が空いてた)を通り抜けて、大きな公園に出ました。ちいさな遊具があって地元の子が遊んでいます。

なんかのどかな雰囲気、とても素敵でした。

海沿いで涼しいからみんな集まってくるんだろうな、と予想です。

 

 

コーンウォリス要塞

 

目の前の大きな公園がコーンウォリス要塞とのことです。

 

f:id:otemori:20180627201411j:plain

 

コリン・ウォリス要塞は、ペナン島北東端の海岸部にある英国統治時代である1700年代後半英国の東インド会社、フランシス・ライト総督が最初に上陸した時に建てられました。英国の提督、チャールズ・コーンウォリスにちなんで名付けられました。

マレーシア最大の砦だそうです。

 

そんなに高くない壁に大砲が等間隔で顔を出していました。

思ったよりしっかりと形を残していました。歴史を感じます。

上に登れるみたいでしたが、疲れたので横を通りました。

 

公園も広々していて、ゆっくり過ごせそうでした。

 

f:id:otemori:20180627201344j:plain

 

 

時計台

 

鳩の大群が道を塞いでいました。おじちゃんが餌をあげるからだ~(><)

前をあるいていたおじさんが鳩が飛ぶ写真を撮りたかったらしく、鳩たちを威嚇しました。

鳩が一斉に飛んで、電線に止まります。

凄い勢いにビックリしてちょっとアワアワしました…笑

なんとか横の草むらを抜けて歩き続けることに。

知らない街を歩くのってなんでこんなに楽しいのでしょうか…

そうこうしているうちに時計台発見!!

 

f:id:otemori:20180627201357j:plain

 

真っ白できれいでした。ちなみにこちらも西洋風です。

前はマレー半島にいけるフェリーが出ているみたいです。

こんどはマレーシアの本島にも行ってみたいなぁ~

 

船の発着場のため、たくさんのトライショー(自転車版人力車みたいな感じ)が停まっていました。

乗りたかったけど、ぼったくられそうだったので諦めました。

そんなこんなでいままで1度もトライショー乗ったことない私であります…

こんどは乗るぞ!!!

おなかもちょっと軽くなったのでいい街歩き&お散歩でした。

 

ホテルにもどってツアーまで1時間弱の休憩です。

今日は無駄に歩いていないからそんなに疲れてない、夜からのツアーも元気モリモリでいくぞ!

 

f:id:otemori:20180627201428j:plain

 

 

本日もご覧頂きましてありがとうございました。

よろしければ読者登録お願いいたします。