梅妻つる子のお手盛りで

アラサーOLが好きなことを好きなだけ書くブログ

【 ペナン旅行記】その⑯ 大雨のなかペナン・ヒルへ(11月)

こんにちは、つる子です。

 

ペナン旅行記行きます!

 

 

 

 

大雨のペナン・ヒル

 

その後もグダグダ見学して極楽寺はおしまいです。

車で5分ほど移動してペナン・ヒルへ向かいます。

読んで字のごとく、景色や夜景がきれいに見えるヒル(丘)なんですよ~

 

着いたはいいが、雨が一向に止みません…

それどころか益々酷くなっているではありませんか!

森の中をケーブルカーがすんごい角度で走っているのが見えました。

これに乗るのか・・・・怖い(>□<)

 

雨のせいか人はほとんどいませんでした。

 

f:id:otemori:20180701225137j:plain

 

ガイドさんがチケットを買ってくれて乗車口に向かいます。

このケーブルカーは3年くらい前に作られたもので、スイス製だそうです。

昔はもちろん、ケーブルカーなんかなくて、歩いて登っていたんだとか・・・大変すぎて震えます。

 

 

ケーブルカーにいざ乗車!

 

ガイドさんがお勧めの席を教えてくれたのでそこに座りました。

この大雨のせいか、乗る人はそんなにいませんでした。

そこそこのスピードであがっていきます。

雨も土砂降りで叩きつけるように降っていています。

引いちゃうぐらいに。

 

景色を楽しむどころではありませんでした。

 

f:id:otemori:20180701225145j:plain

 

 

そんなこんなでなんとか頂上に着きました。

登ってきた人より、帰っていく(降りる)人たちがケーブルカーを待って、行列をなしていました。

この雨だと、そうなるよね・・・(笑)

 

丘の上ですが、別荘がたくさんあって住んでいる人もいるとのことでした。

警察にホテル、屋台に郵便局(今は使われていない)がありました。

ペナンの警察は青色なんだけど、ここもそうでした。

 

 

ホテルで夕ご飯

 

とりあえずホテルにいって食事をすることになりました。

ちなみに、頂上はそんなに暑くなく、むしろ涼しかったです。

テラスの一番いい席を取っておいてくれたのですが、あいにくの土砂降りなので中に移動しました。

雨のせいか、お客さんは私達2人だけでした。

いつもは満席らしいですよ~

ジュースはめっちゃ高かったです。(8RTだよ!1食食べられるよ!!)

本日の夕飯はスチームボードという真ん中がとんがっている鍋だとツアー表に書いてあったのですが、出てきたのは・・・普通の鍋(^○^;)

 

締めの麺が向こうのテーブルに置かれて準備されています(笑)

 

f:id:otemori:20180701225229j:plain

 

具のアップです。

 

f:id:otemori:20180701225200j:plain

 

レストランの店員さんではなく、ガイドさんが鍋の準備をしてくれました。

 

至れり尽くせりだな!

 

寄せ鍋スープの鍋にしょうゆ、唐辛子、お好みでニンニク油をつけて食べました。

えび、さかな、とり、ちくわ、たまごどうふ(なべに入れるんだそうです、びっくりしました。)

説明をしてくれながら、鍋にポトポト入れていってくれます。

野菜は、白菜じゃなくてチンゲン菜となぞの青菜だった!面白いです!

ペナンのちくわがちっちゃくてかわいいんだよね~やきそばにも入っていたし!

ちくわを落としたが無視して落としたまま放置です。ゆるいですね(笑)

 

おじちゃんはチャーハン的なものを店のおばちゃんと話しながら食べていました。

(今考えたらナシゴレンですかね!?!?)

ちょくちょく様子を見に来てくれます。

味は至って普通の鍋でしたが、凄くおいしかったです!

 

 

ダブルレインボーを見れました★

 

食べているうちに雨が上がって晴れてきました。

町のほうもどんどん霧がはれてきます。

ガイドさんが教えてくれたので外にみにいきました(食事中だけどね、私たちしかいないし、むしろ今行きなっていってくれました(笑)) 

 

外に出ると大きなきれいな虹が、2本出ていました!

 

f:id:otemori:20180701230205j:plain

 

虹を見るのも珍しいのに、2本なんて初めてでした。

山頂だから虹の端から端までくっきりとみえました。

その上に色が逆になった虹もでていました。

2本なんか見たことないよとガイドさん。

夫曰く、本当に珍しい光景らしいです。

家に帰って調べてみたら、「ダブルレインボー」という現象だそうです。

青く暗くなっていく景色に虹が映えて本当にきれいでした。

 

レストランの雰囲気も最高でした。

 

f:id:otemori:20180701230217j:plain

 

食べながらお天気もだんだん晴れてきて、少しづつ夜になっていきました。

群青?言葉では言い表せないような本当にきれいな景色でした。

ゆっくりとした時間が流れていきます。

本当に幸せな時間でした。

 

お鍋の具を食べた後は、〆の麺(中華麺だった)の登場です。

おなかいっぱいだったので半分にしてもらおうとしましたが、「遠慮しないでいいよ」

と、ガイドさん。多めにいれてくれました。

溶き卵をいれてちょっと待ちます。

どこの国も〆のメニューは変わらないんだな、となんだかほっこりしました。

さすがにここで残すのは悪いから頑張って全部食べました。

小食で、普段残す夫もここでは無理して食べていました(笑)

おいしいけど、満腹でもう動けない…!!

 

 かなり長くなってしまったので、本日はここまでにします。

 

 

本日もご覧頂きましてありがとうございました。

よろしければ読者登録お願いいたします。