梅妻つる子のお手盛りで

アラサーOLが好きなことを好きなだけ書くブログ

【モンゴル旅行記】その30 ウランバートル中央広場で経済の発展を肌で感じる

こんにちは、つる子です。

モンゴル旅行記行きましょう!!

 

 

 

 

中央広場

 

お次は中央広場に行きました。

 

f:id:otemori:20181001221440j:plain

 

ウランバートルの中心にあり、チンギスハンなどの大きな銅像が飾ってあります。(写真の左右にも少し小さなフビライ・ハンなどの銅像があります。)

 

f:id:otemori:20181001221648j:plain

 

ひ、人多すぎます!

騎馬の像像があって、その周りを狛犬が鎖を噛みながら囲われているのですが、その周りの鎖座る奴=田舎もんだと馬鹿にされるそうです。

行った際も座っちゃだめですよ(笑)別に旅行者だからいいのですがね(笑)

 

f:id:otemori:20181001221548j:plain

 

さすが中心地!銀行や議事堂、郵便局など広場を拠点として重要な施設が周りを囲んでいました。

 

日本人がつくったという、ピンク塗のオペラハウスもありました。

 

f:id:otemori:20181001221415j:plain

 

ウランバートル市内はいつでも渋滞していました。

中心に固めまくったせいで、交通渋滞が多発しているそうです。

(右折のみとかの、厳しい交通ルールもプラスの要因だそうですが)

 

 

 

急激に進む街の発展

 

そのほかにも5棟くらい、同時進行で高層ビルを建設していました。

f:id:otemori:20181001222120j:plain

 

 

次に訪れたときは全く違う光景になっていそうですね。

(ちなみにモンゴルでは、大学進学者の半分が海外の大学に行くのだそうです)

 

ウランバートル中心モニュメントもありましたので、その上に立って写真を撮りました(笑)

 

f:id:otemori:20181001222201j:plain

 

 

本日もご覧頂きましてありがとうございました。

よろしければ読者登録お願い致します。