梅妻つる子のお手盛りで

アラサーOLが好きなことを好きなだけ書くブログ

【南米旅行記】その46 チチカカ湖のウロス島見学 その1

こんにちは、つる子です。

 

南米旅行記、いきまーす!

 

 

 

 

ホテルのおまけ

 

昨日のブログで紹介したホテルですが、フロントにはコカ茶、ハーブティーが置いてありました。標高が高いので、本当に空気が薄い!

体も温まって最高です。

 

 

見たことないくらいの「ひょう」が!

 

ホテル到着後、準備して20分後にはウロス島へ行くことになりました。

待ち合わせ場所のロビーに向かうと、凄い量のひょうが降っていました。

地元の人も写真撮るくらい(ホテルのドアマン)です。

こんなのみたことないや…

 

しばらくして落ち着いてから出発しました。雨はザーザー降りです。

またもやカッパが必要なので貸してくれました、本当に本当申し訳ないです。。。

もともと気温が低いのに、雨も相まってかなり寒かったです。

あまりに寒くて1枚着こみました。南米旅行はやはり重ね着システムをオススメします。

 

 

チチカカ湖って知ってる??

 

そもそも、チチカカ湖ってご存知でしょうか?

恥ずかしながら私は、この旅行にいくまでは「チチカカ」という洋服屋さん??というくらいの知識でした(^^;

 

チチカカ湖はペルーとボリビアにまたがる淡水湖です。

標高は約3800mで汽船などが運行可能な湖として世界最高所と言われています。

数少ない古代湖でもあるそうです。

(古代湖:およそ10万年以上存続している湖の呼び名)

ちなみに、日本の琵琶湖も古代湖らしいですよ~~!!!!

 

チチカカ湖 - Wikipedia

 

 

面積はペルーが60%、ボリビアが40%ですが、ボリビアの人に言わせると逆だそうです。(現地の人曰く)

 

 

いざウロス島へ!

 

ホテルから来るまで数分走ったところにボート乗り場がありました。

ボートで20分ほどのところにある1つの島へ行きました。

現地の人たちは雨なのにサンダでした。寒くないのかな??

本来なら外で島の仕組みを教えてもらうみたいですが、あいにく土砂降り雨だったので一つの家?に入って説明が始まります。

薄暗かったです。

 

f:id:otemori:20181109214318j:plain

 

扉も閉めないからめちゃくちゃ寒い。。。(><)

島の仕組みを教えてくれました。(トトラという藁みたいな草を重ねた島)

 

ノコギリで土台を切って~

 

f:id:otemori:20181109214424j:plain

 

f:id:otemori:20181109214410j:plain

 

重ねていって~

 

f:id:otemori:20181109214504j:plain

 

重ね合わせて作っているので釘などは使っていないそうです。

結婚したらくっつけたり別れたら離したりするそうです(笑)

結構自由に移動できるんだね。

一つの島で1つの家族だそうです。

 

見張り台も作って~

 

f:id:otemori:20181109214535j:plain

 

お人形とボート置いて完成!

 

f:id:otemori:20181109214604j:plain

 

ちなみに、カラフル帽子は独身の証らしいです。

 

子供がこっちをみていて、ずっとかわいかった~ちょっかいだすときゃっきゃするし(>▽<)

 

f:id:otemori:20181111135106j:plain

 

ガイドさん、仕事放棄(笑)

 

島民が現地語で話す → 現地ガイドが英語で説明 → 日本人添乗員さんが訳してくれる

形だったのですあ、なんか適当だし途中でめんどくさくなったのかそんな感じ~って言い出した。えっ、ガイドの意味なくない!?

まぁわかる程度の英語だったので、みんな普通に聞いていましたが(笑)

 

 

本日もご覧頂きましてありがとうございました。

よろしければ読者登録お願い致します。