梅妻つる子のお手盛りで

アラサー留学生が好きなことを好きなだけ書くブログ

旅行に便利で安心!「折り畳めるトラベルケトル」使用レポ!

こんにちは、つる子です。

 

今日は商品使用レポです。

こちらの商品もAmazonで購入していたのですが、
実際の使用感等、詳しくお伝えしたいと思ったので記事にしました!

それでは行きまーす!!!

 

 

 

 

折り畳めるトラベルケトル

 

それがこちら!株式会社ミヨシの
折り畳めるトラベルケトル
です。

 

f:id:otemori:20190403235439j:plain

 

 

Amazonで購入しました。
お値段2,618円です。
(2019年4月3日現在)

 

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベルケトル 500ml 電圧切替式 ホワイト MBE-TK02/WH

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベルケトル 500ml 電圧切替式 ホワイト MBE-TK02/WH

 

 

裏面には商品の紹介メッセージが!

 

f:id:otemori:20190403235528j:plain

 

見えにくいので書き写しますね。

 

スーツケースにも入れやすいコンパクトサイズ

シリコン分が折りたためるのでコンパクトに収納できます。
収納時は使用時の約3分の2に折りたためます。


普段遣いから旅行先まで、毎日使える

電圧切替式(手動)だから、日本国内はもちろん、海外で使うこともできます。

 

使いやすいミニサイズ

カップラーメンやコーヒーなど、充分湯沸かしできるミニサイズです。

 

スピーディーに沸騰

大きなヒートパネルで素早く沸騰。
200ミリリットルなら約2分30秒
500ミリリットルなら約4分で沸騰します。


保温機能搭載

冷めると自動で再沸騰する保温機能を搭載。
(使用後は必ず電源スイッチをオフにする必要があります)

 

蓋がワンプッシュで開く

ボタン開きます。
給水時に片手が塞がっていても大丈夫です。

 

f:id:otemori:20190403235504j:plain

 

f:id:otemori:20190403235547j:plain

 

構造

 

早速袋から出してみました。

本体に直接コードが繋がっています。

 

f:id:otemori:20190403235415j:plain

 

蛇腹をのばすとこんな感じ。

 

下に電源スイッチがついています。

 

f:id:otemori:20190403235457j:plain

 

上部にはボタンが付いていて押すと…

 

f:id:otemori:20190403235525j:plain

 

このように開きます。

 

f:id:otemori:20190403235413j:plain

 

 

メリット

 

衛生的に◎

 

ホテルに置いてあるケトル、特に海外のって、
ちょっと使うのにためらいませんか?

ちゃんと洗ってくれているとは思うのですが、いかんせん不安でいつもドキドキしながら使っていました。

セブのホテルのものですが、
中がカルキたっぷりでうーん、ちょっと使いたくないなと思ってしまいました。

 

f:id:otemori:20190404003337j:plain

 

持ってきて本当に良かったです。

そもそも置いていないところもあるのでこれからの旅行の必需品となりそうです。

 

私はフリーズドライのお味噌汁や、粉末のお茶(溶かすだけ)を持っていきます。

緑茶は回転寿司のお茶の味がします。
ほうじ茶のほうが本格的なお茶になるのでおすすめです。

 

伊藤園 おーいお茶 さらさらほうじ茶 80g (チャック付き袋タイプ)

伊藤園 おーいお茶 さらさらほうじ茶 80g (チャック付き袋タイプ)

 

 

 

 

電圧切替可能

 

これ、海外に行くには必需となる機能ですよね。

切り替えについてはデメリットでも触れていますので御覧ください。

 

 

デメリット

 

いいところもありますが、もちろん改善してほしいな…という部分もありました。

レビュー記事なので赤裸々に載せます。 

 

 

思ったより小さくならない

 

実際に手に届いて思ったのですが、
思ったより小さくならない
のです。

小さくなったといえど結構な大きさなので、スーツケースに入れると結構嵩張る。

もっとコンパクトなものを予想していたので、ちょっと残念です。

 

電圧切替がわかりにくい

 

これ、とっても重要なことなので前もって説明書を読んでおけばよかったのですが…

電圧切替が下部にあります。
コインで切り替える式ですね。
わかりにくいよー!

これ、気づかないままだったので240Vの地域で(フィリピン・セブ)で120Vのまま使っていました。
どうりで10秒位でお湯が沸いた訳だ…

海外対応なのだから、考えればわかるのですが、すっかり失念していました。…

皆さんは使用される前に是非、切り替えを忘れずにお願いします。

(火事の原因や故障に繋がりますからね)

 

f:id:otemori:20190404003316j:plain

 

錆びやすい

 

次は錆びやすいです。

買ったときに洗って2回ほどお湯を沸かしました。(
ゴム臭いため)

よく乾かしてから旅行に持っていったのですが、すでに錆びてる!!!

それから毎日使用しましたが、日に日にサビが増えていく…

電源一体型で乾燥させるのが難しいのですが、ちゃんと感想させないとすぐに錆びて使えなくなってしまうと思います、

 

 

容量の数字が見えにくい

 

次はこれ、容量の数字が見えにくいのです。

一応300mlと500mlの目安の線がはいっているのですが、見えにくい!!

前の部分に書いてあるのですが、何度撮影しても見えないし、目を凝らしてもなかなか見えない!!!

1じゃばらで約300ml
3じゃばらで約500ml
です。

 

f:id:otemori:20190403235554j:plain

 

 

実質、一度で500mlは沸騰できない

 

これ、本当に危険です!

カップラーメンを食べようと思って500ml入れて沸騰させたところ…
1分程度ですぐ沸いて
(これは電圧を切替えなかった私のせいです、はい。)
1/3くらいが吹きこぼれました。

沸騰したぶくぶくがとんでもない勢いで出てくるので吹きこぼれて周囲は大惨事。
熱湯なので近くにいたらヤケドします、普通に。
使ってわかったことです。

無理しない量で利用することをおすすめします。

 

 

まとめ

 

最後にまとめです。

つらつらと使用レポを書きましたが、デメリットのほうが多くなってしまいました…
実際の使用感は全く問題なかったのですが、気になる点にばかり目が行ってしまいました。

しかし、買ってよかったと思いますし、これから旅行に行く際には必ずお供として持っていこうと思います。

海外旅行や海外出張によく行かれる方は購入、いかがでしょうか???

 

 

本日もご覧頂きましてありがとうございました。

よろしければ読者登録お願い致します。