梅妻つる子のお手盛りで

アラサー留学生が好きなことを好きなだけ書くブログ

Beyond Meat(プラントベース・ミート)を食べてみた! in Canada

こんにちは、つる子です。
今日はカナダの生活購入品でもありながら、初めてのものに挑戦したのでそのレポです。

 

 

プラントベースミート

今回ご紹介するのがコレ!
Beyond Meat(ビヨンドミート)です。
まずはビヨンドミートについての説明です。
以下、ウィキペディアより引用しています。

ビヨンド・ミート英語: Beyond Meat)は、カリフォルニア州エル・セグンドに本部を置く植物由来の人工肉を製造・開発するアメリカ合衆国食品テクノロジー企業。2013年より全米のホールフーズ・マーケットで販売されている。

ja.wikipedia.org

 

つまり人工肉、植物を原料としたお肉の代替品=代替肉
を作っている会社ですね。
私の利用しているカナダのウォルマートでも常時販売しています

日本に住んでいた頃は、商品を見たこともありませんでしたし、
代替肉もそこまで有名ではなかったように感じます。
カナダにやってきて、ベジタリアンの人も日本よりは多い印象で、
アメリカのお隣ですし、アメリカと同じような商品がお店に並んでいます。
今は日本のスーパーとかでも売っているんですかね?
日本では大豆やおからをお肉の代わりにタンパク質として食べますよね。

話がそれました(笑)
私はお肉が大好きですが、経験として代替肉ってどんなものなんだろう?
と興味があったのでチャレンジしてみることにしました。
だって、DMM英会話とかにもしょっちゅう出てくるし、食べたことないと色々
ディスカッションも出来ないですし。
色々言ったけど、ただ食べてみたかっただけです。

 

これを食べてみた

 

私が食べたのはコレです↓

f:id:otemori:20211006025213j:plain

ひき肉タイプのものです。
ラベルにはプロテインが100gあたり18g入っている。

NO SOY(大豆入っていない)
NO GLUTEN(グルテン入っていない)
NON-GMO(遺伝子組み換えの原料を使用していない)

と書かれています。
健康や原料にこだわっていますという感じですね。

 

f:id:otemori:20211006025221j:plain

裏面です。

カロリーが100gあたり250キロカロリーと書いてありますね。
豚ひき肉だと100gあたり221キロカロリーなので、こちらの方が多いですね。

 

焼いてみた

調理してみました。
ひき肉なので形成してハンバーグみたいにしてみました。
触ってみると白いぶつぶつがところどころに見られます。
見た目はひき肉をこねたみたいな感じで、違いがそこまでわかりません。

焼く前のにおいは、エンドウ豆のような、大豆のような、コンビーフのような感じです。
焼いている途中、油がないのでフライパンにはりついてしまいました。
お肉だとものにより、お肉から油が出てきて、ジュワジュワ焼かれる感じですよね。
それがなく、カラッと焼かれている感じでした。

 

味の感想

調理も終わり、いざ実食!
感想は以下の通りです。
あくまでも私の個人的な、正直な意見ですので悪しからず。

*まずくはない、でも美味しくもない。
*植物性の油のせいか、満足感がない。
*これなら普通豆腐ハンバーグや厚揚げの方がおいしい。
*鼻から抜ける香りがいんげん、大豆そのもの。(結構匂いがキツイ)
(ありがたがって食べるものではないかな)

と言った感じでした。
私はお肉派でお肉を食べるのが大好きなので、
これが健康にいいと言われてもお肉を食べ続けます(笑)
リピートはしないかなって感じでした。

いろんな理由があってベジタリアンになっている人がいるので
いろんな選択肢を持って、食事を楽しめるのはとってもいいことだなと思います。

今回初めてでしたが、貴重で面白い体験ができたなと思っています。
皆さんも気になったら、
ぜひプランとベースドミート(代替肉)にチャレンジしてみてください。

 

 

本日もご覧いただきましてありがとうございました。
よろしければ読者登録、よろしくお願いします☆